03-6804-8839

東京都渋谷区富ケ谷1-8-3 安達ビジネス・パーク・ビル4F


自費診療

アフターピル・各種避妊具/望まない妊娠を避けるために

モーニングアフターピル(緊急避妊)ページトップ

緊急避妊とは・・・
避妊せずにセックスをしてしまった場合や、途中でコンドームが破れてしまい避妊が失敗してしまった時に妊娠を防止する方法です。一般的な方法は緊急避妊ピル(アフターピル)です。アフターピルは避妊がうまくいかなかった時間から72時間以内に服用する必要があります。出来るだけ早く服用した方が、避妊効果が高いことが分かっています。アフターピルには現在2種類の薬剤のご用意がございます。どちらを選択するかは医師から十分に説明を受けた上で決めて下さい。
【ノルレボ錠】国に認可されたアフターピル
【ヤツペ法】中用量ピル(プラノバール錠)をアフターピルとして代用
ノルレボ錠はヤツペ法と比較して以下のような特徴があります。

  • 妊娠予防効果が高い
  • 吐き気・嘔吐などの副作用が非常に少ない
  • 血栓症のリスクが極めて少ない。
  • 1回の服用ですむ。
  • 国に認可されたアフターピルである
ノルレボ錠 プラノバール錠(ヤツペ法)
16,360円(初診料+税込) 5,560円(初診料+税込)
種類 ノルレボ プラノバール
組成 黄体ホルモン 卵胞+黄体ホルモン
妊娠回避率(WHO) 98.6% 96.9%
悪心/嘔吐 9.2%/ほぼ(―) 50.1%/14.8%
血栓症 ほぼなし 可能性あり
日本での承認 あり なし
費用(税込) 16,360円 5,560円

各種避妊具(IUD/IUS)ページトップ

当診療所では各種避妊具の装着を行っております。まずはカウンセリング、事前検査を行い、結果に基づき避妊具を装着いたします。装着後、初めての生理及び3ヶ月後に状態を超音波にて確認いたします。どのような避妊法がご自身のライフスタイルに合うか、お気軽にご相談ください。

子宮内避妊システム:IUS(ミレーナ)

新型の子宮内避妊リング(LNG-IUS:levonorgestrel intrauterine system)は世界中で約2000万人以上の女性が使用しております。このリングには黄体ホルモンが付加されているため従来のリングの効果に加え、子宮内膜を薄くする効果や子宮頸管粘液粘度増加作用、精子運動性阻害作用を併せ持ち高い避妊効果を得ることができます。また、子宮腺筋症などによる過多月経を軽減する効果も期待できます。

装着費用 78,000円(税込)
抜去費用 10,000円(税込)

◎低用量ピル(OC)とミレーナの比較
低用量ピルは卵胞ホルモンと黄体ホルモンの合わさった薬剤のため内服することにより全身に作用します。それに対してミレーナは子宮の中に挿入、留置することにより子宮のみに黄体ホルモンが作用します。そのため、低用量ピルで気になるむくみ、吐き気、頭痛などの内服薬ならではの副作用が出にくくなっています。また黄体ホルモン単剤なので、低用量ピルで危惧される血栓症のリスクもなく高血圧の方、肥満傾向の方、喫煙している方にも使用しやすいというメリットがあります。
一度装着すると5年間有効であり、低用量ピルを毎日服用するのがわずらわしい方や身体に合わない方にお勧めです。装着後1年以内には月経量は少なくなり、無月経になる方も約20%いらっしゃいます。ただし卵巣は正常に機能していますので更年期障害の症状が出ることはありません。また妊娠をご希望になりましたら除去することによりすぐに妊娠が可能です。
※安全にミレーナを使用するために、装着前に簡単な検査をお勧めしております。
※装着前には医師から詳しくご説明いたします。

FD-1

1977年に厚生労働省に認可された子宮内避妊器具です。魚の骨のような形をしたプラスチック製の器具を子宮内に留置することにより受精卵の着床を物理的に阻害し避妊効果を発揮します。避妊率は約95~97%です。

装着費用 16,200円(税込)
抜去費用 10,000円(税込)

プラセンタ療法ページトップ

胎盤のことをプラセンタといいます。プラセンタは受精卵を約10ヶ月で60兆個の細胞まで増殖させていくと同時に、各種臓器や器官を作り上げていきます。そのためプラセンタにはタンパク質、脂質、糖質、ミネラル、ビタミン、アミノ酸、種々の酵素、種々の細胞増殖因子、サイトカインなど多くの栄養成分が総合的に含まれています。
3大栄養素である「タンパク質・脂質・糖質」はもちろんのこと「ミネラル・ビタミン・酸素」などの生命維持に必要なものを多く含んでいるため、体の弱った部分の細胞を活性化して本来の健康な状態に戻す手助けをしてくれます。現在では更年期障害、肝機能障害、乳汁分泌不全の治療薬として保険適応が認められていますが、効能として、①免疫力の強化②炎症の抑制③血行を良くする④代謝の改善⑤自然治癒力を高める⑥自律神経のバランスを整えるなどの作用が上げられます。また美容的にもお肌のハリ・つや・シミ・しわ改善などのアンチエイジングにも大きな効果があるとされています。使用する注射用アンプルは人間の胎盤から抽出されたもので安心してお使い頂けます。当診療所では全て皮下注射です。点滴などによる静脈投与は行っていません。

初診料(初回のみ指導料として) プラセンタ注射 1A プラセンタ注射 2A
2,160円(税込) 1,080円(税込) 2,160円(税込)

※2回目以降は注射のみの料金です。
※初回は血液検査(貧血、肝機能、腎機能、脂質代謝、糖代謝)をお勧めしております。〈2,160円(税込)〉

プラセンタ療法の効果のある疾患

  • 保険適応のもの

    更年期障害、乳汁分泌不全、肝機能改善

  • 保険適応外

    ニキビ、シワ、美白、アンチエイジング(老化防止)、慢性皮膚炎、アトピー性皮膚炎、慢性じんましん、発毛促進、花粉症、アレルギー性鼻炎、慢性めまい症、慢性関節リウマチ、腰痛、腰部脊柱管狭窄症、神経痛、関節炎、肩こり、五十肩、高血圧、低血圧、貧血、気管支喘息、月経困難症、自律神経失調症、不眠症、食欲不振、慢性胃腸障害、胃弱、便秘、冷え症、慢性疲労、滋養強壮、全身倦怠感の改善、病後の体力回復、精力増進など

副作用

投与方法が皮下注射ですので接種部位の疼痛、発赤、腫脹を認めることがありますが個人差があります。また、薬品全般に言える副作用としてアレルギー反応がありますが、プラセンタ注射に特に多いということはなく発生頻度は他の薬剤と差がありません。大きな問題になったとの報告はありません。

投与量・投与回数

初回は1アンプルの投与となります。2回目以降は病状、目的に応じて1週間に1~3回投与します

その他

平成18年10月10日から、厚生労働省の指示により、ヒト由来プラセンタ製剤を注射された方の献血は控えるようにとの指導を受けています。

ビタミン注射・点滴ページトップ

ただいま作成中です。

4Dエコーページトップ

4Dエコーとは立体的に描出された画像(3D)がリアルタイムに動画としてご覧になれるシステムです。
当診療所にて妊婦健診を受けていただいている方には妊娠12週から健診時は毎回無料で行っております。動画はUSBメモリーに保存いたします。
*赤ちゃんの体勢によって見えない場合もあります。

画像提供:シーメンス・ジャパン株式会社


ページトップホームへ